5つのチェックポイント

こんなはずじゃなかったと思う前に5つのチェックポイント

家づくりでこれだけは譲れないものを書き出してみる

家づくりを始めるとたくさんの選択をしなければなりません。妥協もしなければいけない場面も出てくるでしょう。

まず、しなければいけないことは、家を建てるにあたって何が譲れないものかを書き出すことです。

書き出すことによって自分がどんな家に住みたいかイメージできるようになります。

そして、その中にも必要でない物、絶対必要なものが明確になっていきます。

具体的にあなた自身が家づくりに何を求めているかがわかれば失敗はないはずです。

かといって、やりたい放題は感心できません。家づくりのプロの意見を聞くことも大事だと思います。

家づくりは、お客様との共同作業。お客様の協力なしでは理想の家は建ちません。

総額いくらかかるか確認する

住宅の価格の表示は決まりごとがなく各社それぞれ違います。
本体価格で表示するところもあれば、建物の総額で表示する所もあります。
中には、網戸もオプションなんて会社もあるので気をつけてください。

総額とは、明日には住める状態でいくらかかるのか?を必ず確認して下さい。
その中には、照明、カーテン、エアコン、外溝工事は含まれているのかを確認して下さい。

総額を確認しないまま、業者に「着工してからでも仕様は替えれますから・・・。」ととりあえず契約してしまったら後で大変なことになります。

よく、坪いくらといいますが最近、数字のトリックで安く見せる方法があるので目安とお考えになって下さい。詳しく知りたい方は近藤まで連絡を下さい。

それに、家を建設する費用のほかにもたくさんの諸費用がかかってきます。

税金、金融機関の手数料、火災保険等、もろもろの経費がいくらかかるのかも分かっていないと資金ショートにも成りかねません。

 

必ず、総額を聞いて判断されて下さい。

 

どんなにおいしい話でも引渡し価格が決まらなければ契約しない

建設中の家を見学させてもらう

気に入った会社があれば必ず建築中の家を見せてもらいましょう。

完成している家を見るのも大事ですが、もっと大事な物はやっぱり構造です。

「よく、素人だから見ても・・・」と言われる方がいますが、専門的なことは分からなくてもいいのです。

とにかく、現場に行って雰囲気を感じて下さい。

そして、基礎はどんな物か、柱は丈夫そうかとか、変な匂いがしないかとか、整理整頓できているかなど聞くのと目で見て触れてみるのでは大きな違いです。

そして、いろんなことを質問してみてください。

きっと、モデルハウスを見るのと違う発見が出来るはずです。

ほとんどが、完成すると隠れてしまいます、見えなくなる所ほど住宅会社のモラルが見え隠れします。

必ず、現場に行って、自分の目でお確かめ下さい。

第三者検査機関に検査をお願いする

住宅会社も完璧ではありません。うっかりミスをおかすこともあります。

職人さんの確認、社内の検査そして、第三者検査機関と何重にも検査することでミスを未然に防ぐことが出来ます。

そして、専門知識がなくても資格を持った検査員があなたに代わって厳しくチェックしてくれます。

住宅会社も検査が不合格になるとカッコがつかないので自前に真剣にチェックします。

このように、第三者検査機関が入ることによって現場に良い緊張感が出来、ミスのない家づくりをするとができます。

日本住宅検査機構は検査にすべて合格すると10保証してくれます。

もし、10年以内に補償範囲内で瑕疵が起こると日本住宅検査機構が修理する費用を出してくれます。

なるべく、費用を出したくないのが検査保証会社の本音だと思うので検査が厳しいのも納得がいきます。

このように、検査会社を入れる方がお客様にとってメリットがあると思います。

検査、保障に関してはここをクリック

信頼関係を築けるか?

最後は、その会社が一生に一回の住宅の建築を任せられる、信頼できる会社かどうかと言うことだと思います。

それを、見抜く為にはその会社の最終決定権を持っている社長がどのようなポリシーを持って家づくりに望んでいるかと言うことを知る必要があると思います。

  • ただ、儲けの為にやっているのか?
  • 売れるものだったらなんでも売る会社なのか?
  • 契約の為なら、お客様の言いなりの会社なのか?
  • お客様のことを本当に思っている会社なのか?

そんな、ことも知らずにあなたの家づくりが成功するはずがありません。ここが一番大事なところです。

あなたが望んでいることと、住宅会社のトップの考え方が一致してはじめて「いい家」ができるからです。

「え! でもあなたの会社のポリシーはなんですか?なんて絶対聞けませんよ」と思うかもしれません。

でも、簡単に聞く方法をお教えします。

 

ずばり、「あなたの会社で建てるメリット、デメリットは何ですか?」とさらっと聞いてください。

ポリシーがある会社は、聞かれる前に答えを持っています。良くぞ聞いてくれましたという感じです。

そして、営業マンや社員全員が同じ方向に向かって家づくりをしていると思います。

あなたと、家づくりに対する考え方が同じなので「こんなはずじゃなかった」ということはまずありえないでしょう。

あなたと会社の考え方が一致していれば、家づくりが、ストレスから楽しみにかわります。

 

儲けが最優先の会社、売れたらなんでもいいと思っているポリシーのない会社はどう答えるでしょうか?

「こんなはずじゃなかった」とならない為に信頼関係を築く第一歩として、どんな思いで家づくりをしているのかを聞いてみましょう。
きっと、あなたのベストパートナーが見つかると思います。