徳島の注文住宅を建てるならダイゼン

2018年12月17日

注文住宅を選ぶ前にしておいたほうがいいこと。

最近、相談を受けている中で特に感じていることです。

お客様自身がどれぐらい収入があれば、注文住宅が建てれるのか?将来払っていけるのか?教育費は?老後の生活費は?業者に聞けば家づくりの話ばかり、、、。

こんなこと、誰に聞いたらいいの?みんなどうしてるの?

新築を建てた友達に聞いたら「私たちでいけてるから大丈夫よ。」とか「勢いで決めないといつまでも決めれないよ。」とかそれって、他人事?根性論?本当にそんなんで大丈夫なん?って不安だらけです。そんな感じの相談が多いです。

 

その不安を、解消するにはライフプランをシュミレーションすれば解消されます。たとえば、食費はいくらまで光熱費は、貯金は月々いくら、住宅ローンはいくらまで、それから申し訳ないけどこの5年間だけ奥さんにパートに行って頂いて月々5万円稼いできてください。そしたら老後の資金がプラスになりますとかシュミレーションをすることです。

シュミレーションが出来ていると備えもできますし、その通りに行っているかの確認もできるわけです。

それができていると、住宅ローンを返せる範囲もわかっていますので業者の言いなりにもならなくてもいいですし、もしかしたら思っていたより、いい住宅にも住めるかもしれません。

 

聞いた話ですが、軍隊が移動する時に今日は何キロ先のなんていう地域に移動すると目的が決まって移動するのと、とにかく敵が迫ってるから行けるところまで移動するというのでは同じ時間の移動でも疲労度が全然違うそうです。

どちらが、疲労するのはみなさんには、すぐにおわかりになると思います。

 

夢のマイホームなのでたくさんの夢や希望があると思いますが、マイホームにすべてをかけるのはどうかと思います。子供さんの希望の大学にも行かせてあげたいだろうし、車も買い替えなければなりません。たまには外食にも行きたいだろうし、子供さんと旅行ができるのもわずかな期間です。

 

最後に、結論を書きたいと思います。新築を建てるこの機会(大きな買い物をする機会)に老後まで見通せるライフプランをシュミレーションしていろんな見直しをされたら、安心して住宅の購入はもとよりお金の心配が少しでも減ると思うのです。

最初に、ボタンのかけ間違いをしないように、有資格者のファイナンシャルプランナーが無料でライフプランのシュミレーションのお手伝いをさせて頂きます。お金の不安がある方は、このことが解決するまで家づくりの話はしませんので安心して相談してください。

それと、シュミレーションをしたからといって絶対、当社で建てる必要はありません。建てて頂けたらそんなにうれしいことはないのですが、それを決めるのはお客様と思っていますのでサービスを受けられてお客様が判断してください。

不安な気持ちや多額の住宅ローンの借り入れが怖いと感じる方は悩む時間がもったいないので、餅は餅屋 プロに相談して自分自身の判断材料にしてください。