徳島の注文住宅を建てるならダイゼン

2021年9月13日

「山から木を切り、家を建てる」     地産地消プロジェクト始動

ダイゼンは攻めます!

前回、外国産の木材また国産木材ともに価格が高騰しているというウッドショックお話

ウッドショックをチャンスに!


をしましたが、そんなウッドショックを打破する新たなプロジェクトをダイゼンでは始動させています。

「木材入手が困難なのであれば、自社で木材を造りだそう」
という工務店がそこまでやるのか~!!!!という取り組みです。

実は、私たちは徳島県南部に山を所有しています。
その山には立派に育った杉、いわゆる「木頭杉」がちょうど切り頃を迎えています。

自分の山で育った木を使って、自分でプランを考えた家を、自分達で建てる!!
とても夢が広がるビッグプロジェクトです。林業に携わるみなさんのご協力を得ながら現在、このような感じで進行しているところです。

 


<プロジェクト予定>
●伐採…地元の森林組合
山での伐採から、丸太を運びだす作業をお願いします。

●製材…上那賀町の製材所
山から切り出してきた丸太の木を、製材します。

●木材乾燥処理…徳島県内の乾燥機材を所有されている会社
木材の乾燥させます。

●木材加工…津田の木工団地
モルダー仕上げで105角の柱を完成させ、用途に合わせてプレカット加工へ。

●建築…ダイゼン
山から造り出した「木」を使って、高性能住宅を建てます。


 

100%徳島県産・地産地消の家づくりを!!!

このように、どこから、どのような行程を経ているのか家を建てるまでの行程が全てわかる100%徳島県産の木頭杉を使った、地産地消の家づくりが可能になります。
さらに、川上から川下まで携わることで、余計なコストがかからず、費用も抑えることができるのです。

建築業界では向かい風のウッドショックですが、「木」を通じて、新たな発見、地元企業や人との繋がりができ、ダイゼンには新たなチャレンジへの良いきっかけとなりました!!

山に木を植え森が育ち、木を伐採して、加工・流通を得て、良い木の家を建てる。
この地道な繰り返しが、やがて山を守ることや林業や地域の活性化、国産材の安定した入手、そして「徳島県産の木の家の良さ」をみなさんに伝えていけるようになれば…と密かに願っています。

ダイゼンの高性能住宅への追求は、これからも続きます!