徳島の注文住宅を建てるならダイゼン

2022年10月24日

ガスは高い!?そのカラクリは?

お客さまと打ち合せをしていると「ガス代って高いですよね」という話をよく耳にします。
みなさんは「ガス=高い」というイメージがありますか?
実はこれにも裏事情があるので、こっそりお伝えしますね。
特に、賃貸住宅にお住まいで、ガス代が高すぎると感じている方はぜひご覧ください。

ガスの種類は、どっち?

一人暮らしや結婚をして夫婦で生活をするとなると、まずは賃貸のアパートやマンション
で生活をスタートされると思います。その賃貸物件で採用されているのガスの種類「都市
ガス」「プロパンガス(LP)」によっても差がでてきます。2種類にガスの特徴をあげて
みると…。

<都市ガス>
・液化天然ガス(LNG)を使用(主成分はメタン)
・ 道路の下のガス管を通じて供給される
・公共料金として扱われて比較的価格が安い

 

イラスト参照 https://www.gas.or.jp/chigai/

<プロパンガス>
・液化石油ガス(LPG)
・ LP ガスが入ったボンベを事業者が配送
・ LP ガス市場は自由競争(販売価格は LP ガス会社が決める)

 

 

注目は LP ガスは自由競争という点です。ガス会が自由に料金設定できるため、利用する会社によって料金に差が出てきます。配送費、ガスボンベを運ぶための人件費も必要になるので、都市ガスよりも、プロパンガスの方が割高です。

 

その初期投資、オプション代払っているのは誰?

賃貸住宅には必ず、それを管理する大家さんがいます。また、部屋を貸し出すためには、水道、ガス、電気とそれぞれの供給会社と契約を結び、設備を整えなくてはなりません。

当然プロパンガスの利用にも、初期費用がかかりますが、それらの必要なガスの設置費や工事費は、大家さんが契約を結んだ、ガス会社側が払ってくれる場合がほとんどです。入居者からすると、初期費用を支払なくていいから助かる!と思うかもしれませんが…。これらの設置費用は単純にガス会社が先払いしてくれただけで、実際は毎月支払うガス代に少しずつ上乗せされているんです。

さらに、ガス会社は大きな契約をとりたいために、様々なオプションを提案して他社との競争に力を入れています。

例えば、うちと契約を結んでくれたら、全て費用は会社持ちでマンション全戸数に必要なエアコンを設置します!ガスコンロも付けます!ドアホンも付けますよ~などなど劇化していくわけです。大家さんにしてみると、お客さん(入居者)が喜んでくれる特典を無料でつけてくれるなんて、嬉しいですよね。余計な出費もなく「全部屋エアコン完備」といううたい文句で、入居者募集がかけられる訳ですから。さて、その「エアコン完備」などのオプション代は誰が払うのか…。

それは、ズバリ入居者です。実は、毎月のガス代に上乗せされているんです。だから賃貸物件のガス代は高くなっているんですね。これが、裏のからくりです。

「エアコン完備でラッキー!」と喜ぶことなかれ。実は毎月自分で払っているとは(涙)

 

画像参照 https://owners-style.net/knowhow/article/5629/

高いガス代、どうすれば安くなる?

安くするというよりも「適正価格」で契約することがベターです!!!

ただし、賃貸アパート・マンションのガス代を安くするには大家さんを説得する必要があ
り正直大変ですので、入居前にガスの種類をチェックする、不必要なオプションが付いて
いれば、なぜそんなサービスがついているのか?を考えるようにしてみてください。
そうすると、裏のカラクリが見えてくるはずです。

適正な価格であれば、それほどガス代が高くないんです!

新築の場合も、最適なガス会社を選ぶこと、また不必要なサービスを要求するよりも、適
正な価格で交渉をすることが大切です!

ダイゼンでは、お客さまのお家でガス契約を結ぶ時にも、信頼できるガス会社をご紹介し
ています。また 1 回限りの設置費や工事費のサービスよりも、月々のガス料金を適正にし
てもらうことをオススメしています。


お問い合わせ
「小さなエネルギーで快適に暮らす」を追求する会社
有限会社ダイゼン
TEL0120-463-373
平日 10:00~19:0